責任ある行動

アヴェダは、責任ある企業活動とは、持続可能な環境への配慮なしにはあり得ないと考え、この信念のもとにすべての意思決定を行っています。アヴェダは自然界からインスピレーションを得ています。そして、自然界は単に愛しみ守るだけのものではなく、サステナビリティ(持続可能性)の模範として見習うべきものであると確信しています。より多くの企業が、環境のサステナビリティ(持続可能性)と企業収益の両方に「自然界が大きな力を持つ」ということを理解することで、利益と環境責任はますます両立していくものと信じています。
  • アース&コミュニティケア レポート

    (地球とコミュニティへの配慮に関するレポート) 1989年にアヴェダはセリーズ(CERES: Coalition for Environmentally Responsible Economies)原則に賛同し、署名をした初の民間企業となりました。現在も、環境のサステイナビリティ実現の為の行動改善に向けて継続的に努力し、結果の公開を約束しています。

    2010レポート(英語版) » 2008レポート(英語版) »
  • パッケージへの取り組み

    アヴェダは、化粧品会社として初めてスキンケアおよびスタイリング製品に100%再生PETを使用*。 パッケージ開発に当たっては、地球環境への負荷を意識し、パッケージを最小限に抑え、リサイクル可能な素材や再生素材の使用比率を最大限に高めるよう努力しています。

    詳細はこちら »
  • 再生可能エネルギー

    アヴェダは、化粧品業界で初めて100%風力で製品を製造**。風力エネルギーを購入し、米国ミネソタ州の製造、流通、本社からなるアヴェダの主要施設が消費する電力の100%をその風力発電によってまかなっています。

    詳細はこちら »
  • アースデー月間

    アースデーを記念して、アヴェダでは4月の約1か月間を「アースデー月間」と定め環境保全活動・募金活動を行っています。1999年以降、世界中のアヴェダサロン・スパ・ショップで心をひとつにして3,800万ドルを超える募金を集めることができました。

    アースデー月間の詳細についてはこちら »
  • aveda and the yawanawa

    The yawanawa people, growers of the beautiful, red-orange Brazilian urukum seeds, work as a community, toward growth and renewal with support from Aveda.

    learn more »