ホーム > ヘアカラー/ヘッドスパ/スパ > グローバル アーティスト

アヴェダのグローバル アーティストをご紹介します。

ジャネル ギーソン(JANELL GEASON)

アヴェダ グローバル メイクアップ エデュケーター

2008年と2009年のノースアメリカン メイクアップ アーティスト オブ ザ イヤーを受賞し、アヴェダ メイクアップ部門のグローバル エデュケーターを務めるジャネル ギーソンは、豊富な専門知識に加え、学生と気持ちを通わせ、意欲を引き出す天賦の才で知られています。担当する著名人のお客様はそうそうたる顔ぶれで、彼女が手がけた仕事は『ELLE』や『Lucky』といった雑誌に掲載されています。

ジャネルは、ホースト コスメトロジー スクール(Horst Cosmetology School)を卒業後、米国ミネアポリスでヘアスタイリストとしてキャリアをスタートしました。そして自らの創造性をさらに探求したいとの思いから芸術としてのメイクアップを追求するようになり、ヨーロッパに渡ってファッション、映像、出版の業界で国際的に活躍することとなります。

米国に戻り、教育に関する才能や情熱、積み重ねた経験が認められてアヴェダに入社。現在は、アヴェダ メイクアップ部門のグローバル エデュケーターとして、世界中を飛び回ってプロフェッショナル メイクアップのクラスを教え、ステージ プレゼンテーションを行っています。アヴェダ メイクアップ部門の教育を率いるほか、シーズンごとのメイクアップ新製品、シェード アニメーション、製品、イメージなどの制作に協力するほか、向上心あふれるメイクアップ ピュアフェッショナルのための短期集中トレーニングもサポートしています。

また、ジャネルはニューヨーク ファッション ウィークでリード メイクアップ アーティストを務め、多くのデザイナーと仕事をしてきました。

アーティストでありながらジャネルには、アヴェダ メイクアップをビジネスとしてとらえる力があります。その教育への取り組みは、参加者がアヴェダのメイクアップ製品を自在に使いこなし、サロンに戻ってからメイクアップとスキンケア部門の売上やサービスを伸ばすことができるような学習環境を創出するものとなっています。