Responsible Packaging
責任あるパッケージ

アヴェダでは、持続可能な環境への配慮なくして企業責任を果たすことはできないと考えており、その信念に基づいてすべての意思決定を行っています。また、事業を進めるうえで自然の中からインスピレーションを得ているアヴェダでは、自然とは単に慈しみ、守るだけのものではなく、持続可能性を確保する上で模範として見習うべきものであると考えています。持続可能性と収益の両方に「自然界が大きな力を持つ」ことに気付く企業が増える中、利益追求と環境責任の両立は今後ますます重要性を増していくでしょう。

アヴェダのパッケージへの取り組み

アヴェダは、化粧品会社として初めて、100%使用済みリサイクルPETを使用しています。現在、アヴェダのスキンケア製品およびヘアスタイリング製品のボトルまたはジャータイプのPET容器の85%は、100%使用済みリサイクル材からできています。

アヴェダが開発したパッケージはどれも環境フットプリントを意識し、包装を極力減らすとともに、出来る限り再生可能な原料または使用済みリサイクル材を使用しています。

アヴェダは以下の基本方針に基づいて行動しています。

  • 新たなパッケージを開発する際は、そのライフサイクル分析を行っています。
  • 可能な限りパッケージのサイズ、重量、製造工程を削減しています。
  • 可能な限りリサイクルできるパッケージを提供しています。
  • 環境に最も負荷をかけない素材を使用し、製品の効果に影響を与えなければ、ビジネス的に可能な限り、使用済みリサイクル材で作った容器を使用しています。
  • ミネソタ州ブレインにある本社では製造・充填に再生可能エネルギーを使用しています。
  • 提携しているパッケージ製造業者に対して同じ基準を守るように要求しています。

アヴェダの歩み

アヴェダは、自社のパッケージをすべて使用済みリサイクル材にすることに最大の重点を置いています。自社のパッケージがすべてリサイクルされることを目指し、企業の責務として、廃棄されても無駄なゴミにならず、別の命に受け継がれていく可能性のある素材にすることを約束しています。

現在、アヴェダのHDPE(高密度ポリエチレン)プラスチックボトルの90%は、ミルクボトルから再生された使用済みリサイクル材を80%以上使用しています。また、インヴァティ エクスフォリエイティング シャンプィーとストレス フィックス シリーズ ラベンダー ボディローションの2つの製品は、100% 使用済みリサイクルHDPEを使用しています。こうした努力により、ヴァージンプラスチック(HDPEまたはPET)の年間使用量を600トン(社内試算)以上減らすことができました。またアヴェダのボトルやジャーの多くは、炭酸飲料や水などのボトルから再生されたPETも使用しています。使用済みリサイクル材を80%以上使ったボトルは、アヴェダの小売り・業務用プラスチックボトルの90%近くを占めます。残りのパッケージは、リサイクル頻度の高いガラス製か、自治体のリサイクル事業の対象となっていないプラスチックチューブのみです。

またアヴェダでは、可能な限りリサイクルの取り組み(リサイクルできる素材を増やすなど)を拡大するため努めています。2008年アヴェダは、全米初となる硬質プラスチックキャップのリサイクル事業を実施し、驚くべき量のプラスチックが地球を汚染しているという事実を広めました。このプログラムの結果、非常に多くの人々がキャップ回収に協力してくれるようになりました。アヴェダ自身も、河川や海、埋立地に投棄されるキャップ約1億4,500万個を回収しました。また、このプログラムは業界内にプラスの変化をもたらし、全米各地の数多くの市町村でキャップ付きリサイクルが行われるようになっています。なお、キャップ付きリサイクル運動を支援し、その採用を後押しするキャップ回収事業は2015年に終了しています。詳細は以下にメールでお問い合わせください。
CapCollection@aveda.com

※ お問い合わせは英語のみとなります。

パッケージの埋め立て廃棄をなくす完全リサイクル事業

米国各地のアヴェダ エクスペリエンス センターにおいて、リサイクルされないアヴェダのパッケージやアクセサリーの回収を始めました。

アヴェダ本社では自社パッケージの埋め立て廃棄をなくす新システムとして、完全リサイクル事業を導入しました。これは、革新的リサイクルを牽引するg2レボリューション®との提携の下、自治体のごみ収集事業では回収されないアヴェダのパッケージとアクセサリーをアヴェダ エクスペリエンスセンターの全米各店舗で回収するプログラムです。

回収されたパッケージは分類してリサイクルし、最後は再びアヴェダのパッケージまたはアクセサリーとして再利用しています。そうすることで、アヴェダのパッケージが埋め立てゴミになることを防止しているのです。

回収場所検索(米国)»

※ リンク先は英語になります。

完全リサイクルのプロセス(米国での事例)

  1. 地元リサイクル業者に連絡し、ごみ収集で回収される原料の種類を確認してください。自治体のリサイクル事業は、市町村ごとに回収対象が異なりますのでご留意ください。
  2. 化粧ブラシ、各種ボトル、ジャー、チューブ、ポンプなど、ごみ収集の対象とならないアヴェダのパッケージはすべて、国内のアヴェダ エクスペリエンスセンター小売店舗にお持ちいただき、完全リサイクル箱に入れてください。
  3. 完全リサイクル箱は、容量がいっぱいになる度にアヴェダのリサイクル事業パートナーであるg2レボリューション(オハイオ州フィンドレー市)に送り、そこで資源カテゴリーごとに分類します。回収した資源はすべてリサイクルまたはリユースするか、燃焼させてエネルギーに転換し、アヴェダの新しいパッケージまたはアクセサリーの製造に活用しています。

自治体のごみ収集リサイクル事業もご活用ください。

地元でリサイクルした方がエネルギー効率は高く、地元コミュニティ事業の支援にも繋がります。アヴェダの完全リサイクル事業は、地元リサイクル事業を補完するものとして計画されています。

植物由来プラスチックを使ったパッケージ製造

高級化粧品会社初の使用済みリサイクル材とバイオプラスチックを組み合わせたチューブ

アヴェダでは、100%使用済みリサイクル材を出来る限り利用するようにしています*1。また、ドライレメディー シリーズ モイスチュア コンディショナーやドライレメディー シリーズ モイスチュア トリートメント マスクのチューブなど、100%使用済みリサイクル材にできないものに関しては、使用済みリサイクル材とバイオプラスチックを組み合わせたパッケージに転換しつつあります。

アヴェダが利用するバイオプラスチックは、サトウキビを主原料*2としたバイオポリエチレンです。サトウキビの茎を圧搾して砂糖を生産した後に残るバガスという繊維質たっぷりの副産物を燃料としてエタノールを生成し、それを主原料としてポリエチレンを製造します。サトウキビは再生が早く、それ故に持続可能な原料とも言えます。また、チューブのリサイクルは広まっていませんが、バイオプラスチックはリサイクルすることができますので*3、地元のリサイクル事業者にお問い合わせください。

ゆりかごからゆりかごへ(CRADLE TO CRADLE)

アヴェダがC2C認証を得るまで

Cradle to Cradle(ゆりかごからゆりかごへ、以下C2C)認証とは、C2Cプロダクツ・イノベーション・インスティテュートが発行するライセンスです。C2Cのビジョンと原則は、アヴェダが長年目指してきた環境社会配慮の方針とも一致しています。特に以下の3点において、C2Cの概念とアヴェダの使命は共通しています。

廃棄物の資源への転換

これは、資源を生物圏(自然)あるいは技術圏(産業)のいずれかのサイクルの中で継続的に利用するという、C2Cの設計理念の中核となる考え方です。一方、アヴェダは創設以来のビジョンとして地球環境に影響を与えない製品や継続的に再利用できるパッケージの開発を進めてきました。こうした理念を完全に叶えるために活動を続けており、現在も製品・パッケージ開発における指針となっており、少しでも理想に近づけるように懸命な努力が続けられています。

太陽光などの自然エネルギーの利用

再生可能エネルギーはすべて、他の発電方法(化石燃料を使った火力発電や原子力発電など)よりも望ましいとされています。アヴェダは長年、再生可能エネルギーの利用を方針として掲げてきました。ミネソタ州では電力系統を通して風力発電エネルギーを購入しており、再生可能エネルギーが直接購入できない場合も、再生可能エネルギークレジットやカーボンオフセットを購入しています。

多様性の尊重

この考え方に関するアヴェダの方針は、製品開発に反映されています。アヴェダではさまざまな植物性由来成分を利用しており、その多くが世界各地の生物多様性の保護者たる多様な伝統的コミュニティまたは先住民族のコミュニティによって栽培・採集されています。

アヴェダでは、10年程前からC2Cの設計原則に留意し始めています。

C2C認証取得までの道のりは以下の3段階に分けて進められました。

  • アヴェダにおいてC2Cに関する取り組みが始まったのは2002年のことです。C2Cのビジョンに沿った製品開発方法を整備する中、将来的な製品設計原則について助言を仰ぐため、ベストセラー『Cradle to Cradle』の共著者マイケル ブラウンガート博士が設立したドイツの環境研究機関、環境保護促進機関(Environmental Protection Encouragement Agency、EPEA)を雇用しました。
  • 2009年、C2C方針をより正式なものとして打ち出すため、C2C認証の取得を検討し始めました。当時、EPEAとマクダナー ブラウンガート デザイン ケミストリー(McDonough-Braungart Design Chemistry、MBDC)がEPEAのC2C原則に基づいて製品認証を行っていました。アヴェダでは当初、7つの製品がパッケージとともにC2C認証を取得しました。
  • 2010年、C2Cプロダクツ イノベーション インスティテュート(C2C PII)が設立されます。この独立機関の使命は、「産官学および環境NGOのリーダーと協力し、EPEAおよびMBDCが設定した以下のC2C原則の基準を履行することで、5つのカテゴリーに基づいた製品の評価と継続的改善を進める」ことでした。
  1. 安全かつ適切な原料の調達
  2. 原料の再利用
  3. 再生可能エネルギーと炭素管理
  4. 水資源管理
  5. 社会的公正

詳細はこちら»
(外部サイトへ移動します)

C2C PIIが管理するC2C認証CM製品プログラム

現在、以下のアヴェダ製品がC2C PIIからC2C認証を受けています。

  • インヴァティ スカルプ エッセンス:Cradle to CradleCMシルバー認証取得、パッケージ(ボトル)はブロンズ基準に適合
  • インヴァティ エクスフォリエイティング シャンプー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(ボトル)はブロンズ基準に適合
  • インヴァティ コンディショナー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(チューブ)はベーシック基準に適合
  • インヴァティ インテンシブ コンディショナー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(チューブ)はベーシック基準に適合
  • インヴァティ エクスフォリエイティング シャンプー:Cradle to CradleCMシルバー認証取得、パッケージ(ボトル)はベーシック基準に適合
  • スムーズ インフュージョン シャンプー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(ボトル)はブロンズ基準に適合
  • スムーズ インフュージョン コンディショナー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(チューブ)はベーシック基準に適合
  • ドライレメディー シリーズ モイスチュア シャンプー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(ボトル)はブロンズ基準に適合
  • ドライレメディー シリーズ モイスチュア コンディショナー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(チューブ)はベーシック基準に適合
  • ドライレメディー シリーズ モイスチュア トリートメント マスク:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(チューブ)はベーシック基準に適合
  • ドライレメディー シリーズ デイリー モイスチュア オイル:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(ボトル)はブロンズ基準に適合
  • アヴェダ メン ピュアフォーマンス シャンプー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(ボトル)はブロンズ基準に適合
  • アヴェダ メン ピュアフォーマンス コンディショナー:Cradle to CradleCMゴールド認証取得、パッケージ(ボトル)はブロンズ基準に適合

*1 アヴェダのスキンケア製品およびヘアスタイリング製品のボトルまたはジャータイプのPET容器の85%は、100%使用済みリサイクル材からできています。

*2 バイオプラスチックとは96%が植物由来、4%が石油化学由来です。

*3 バイオプラスチックは化学的には普通のポリエチレン(HDPEまたはLDPE)と何ら変わらないため、こうしたプラスチックと同様にリサイクルすることができます。